企業活動に合うクラウド型の会計ソフトの導入方法

金融データとの融合を前提にして導入

企業活動で必要になってくるのが金融機関とのやり取りです。メインバンクと呼ばれる銀行口座を持ち、経費の支払いや給料の支払いなどを行います。一方で取引先からは売上代金の入金を受け、それを会計処理していく必要があります。以前であれば通帳を見ながら会計ソフトに入力する必要がありましたが、クラウド型の会計ソフトの中には金融データとのやり取りがしやすくなっているものがあります。金融機関からの入出金が多いのであれば、導入時に金融機関から受けられるデータを取り込める設定などができるかを確認しておくと良いでしょう。システムによっては対応していないものもあれば、一部の金融機関にしか対応していないものもあるかもしれないからです。

経費精算システムとの連動ができるか

営業担当者が多い会社では、営業担当者の交通費の精算が経理業務の中で多くなっているかもしれません。それぞれの営業担当者からの報告をもとに精算を行いますが、チェックも必要になります。人がチェックするのは大変ですが、最近は経費精算システムが自動的に行ってくれるようになりました。クラウド型の会計システムを導入するにあたっては、経費精算システムとの連動を考えておくと良いでしょう。それぞれの会計ソフトごとに対応できる経費精算システムが異なるかもしれません。一方でどの会社の経費精算システムにも連動できるものもあるでしょう。それぞれの企業によって経費の掛かり方が異なるでしょうから、それに合ったシステムと連動できるかチェックしてから導入しましょう。